2014年01月01日

マザーコンシェルジュ100年の道 「SMALL COMPANY BUT BIG NETWORK」


明けましておめでとうございます。希望に満ちた新しい年が始まりました。
昨年の金融・証券市場は、乱高下するその値幅の大きさから歴史的な株高・円安となったそうです。まだまだ経済情勢は不安定と言えるでしょう。我が国は未だ解決されない大きな問題を抱えています。福島原発の放射能漏れ、長引くデフレ、社会保障費の増大、TPP・・・。そして本年、大きな試金石が訪れます。4月から消費税が0.5%から0.8%に増税となります。これにより2014年度の増収は5兆円と言われていますが、逆に個人消費にどのような影響が出るのか未知数です。数字では測れない「消費マインド」の動向が気になるところです。過去の増税時期を振り返れば大きな景気低迷となっています。設備投資、人材確保を含め、自社の力量を見定め慎重に対応しなければなりません。

しかし今、日本は転換点に立っています。これまでの経済・産業構造や社会のあり方の是非が問われ、従来の価値観に変化が生じ始めています。こうした大きな変革期にこそ、新しい発想やイノベーションが必要とされ、挑戦していく姿勢が求められます。
株式会社マザーコンシェルジュは創業から8年、地域の皆様に支えられながら着実に成長を遂げて参りました。そして今年、新たな事業展開を行うことと致しました。

本年初頭のキャンペーンとして、1月から「新生活パック」をお届けいたします。転勤、卒業、入学の準備のための清掃や部屋の配置換えのサポートを行い、新生活のお手伝いを行います。

また中期事業として、2月から「見守りサービス」を利用したフランチャイズチェーンの全国展開を開始致します。コミュニティビジネスとして得たノウハウを、様々な事業主様や独立・開業を目指す皆様にご提供させて頂きます。そしてパートナーの皆様とともに医療・介護・保育の分野で革新的なサービスや技術を生みだして参ります。

  「SMALL COMPANY BUT BIG NETWORK (小さな会社で大きなネットワーク)」。

それがマザーコンシェルジュの新しい事業方針です。私たちは、フットワークとネットワークを最大限活用し、お客様に深く長くサービスを提供して参ります。20年、50年、そして100年。マザーコンシェルジュが地域の皆様に愛され続けるサービスを提供していくために日々精進して参ります。皆様、今後ともご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。




posted by マザー at 00:18| Comment(0) | 日記