2015年01月31日

中東テロの邦人人質殺害事件〜いま必要とされるパーソナルセキュリティ時代

   中東のテロリストによる日本人人質殺害事件は衝撃的な出来事でした。亡くなられた被害者をはじめ遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。また解放交渉にあたっている政府及び外務省関係者等の皆様が万全を尽くされたものの、こうした結果となったことに多くの日本国民が口惜しさを感じていることと思います。この事件は今後、さまざまな観点から検証されていく事になるでしょう。そして私たちにも今後、国民レベルで危機管理・意識の在り方が問われることになるでしょう。

   日本国民が国内外でテロの標的になる可能性が今後増えることが考えられます。
テロは時と場所を選びません。職場や学校、そして街角。私たち、私たち家族の身の安全が脅かされる可能性が出てきているのです。もちろん警察にしろテロや災害に対する予防や対応策はすすんでいます。しかし私たち個人レベルになるとどうでしょう。テロにしろ、災害にしろ、自分が危険に巻き込まれた場合、「どのように判断し行動すべきか?」個人個人がその心得を学び技能を習得しておかなければなりません。そして外出でのセキュリティー装備が今後必要になる事でしょう。いざという時、助けを求められますか?緊急時に居場所を伝え、SOSを発信できる通信機器を所持されていますか?何が起きるかわからない現代だからこそ、個人のライフスタイルに適合した緊急通報システムが必要なのです。

  マザーコンシェルジュは、こうした個人レベルのセキュリティーとして「見守りシステム」を開発し地域の皆様にご提供しております。見守りシステムは、在宅で使うタブレット型「高齢者・児童見守りシステム」と外出用のスマートフォン「見守りフォン」がございます。「緊急GPS通報」「安否確認」などのサービスが揃っており、すでに大手警備会社様等にも販売させていただきました。地震や台風の災害、そしてテロ等の外的要因。さらに突然の病気や怪我等の内的要因。こうした危機がどんな人にもどんな場所でも起こる可能性があります。そんな時、最後は、「自分の身は自分で守る。」という、こうした自己自立型の意識が必要になるのでしょう。マザーコンシェルジュの「見守りシステム」「見守りフォン」で自己防衛を高めてください。

 
「ヤフーショッピング開始のお知らせ」
 マザーコンシェルジュでは、ネットショッピングサイトとして新たに「ヤフーショッピング」を2月1日から開始致しました。上記の「高齢者見守りシステム」「児童見守りシステム」「見守りフォン」などのセキュリティー端末やアプリなどデジタルコンテンツの販売を行っております。「マザーコンシェルジュSHOP」「アマゾンストア」そして今回の「ヤフーショッピング」の3店舗で、それぞれの特徴を活かし、ご満足いただける商品をご提供させていただきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。
yahoo.jpg





posted by マザー at 23:52| 日記

2015年01月05日

マザーコンシェルジュ2015年始動

新年明けましておめでとうございます。マザーコンシェルジュ代表の志賀直人です。2015年がスタートしました。日頃から弊社をご利用いただいている地域の皆様には心より感謝しております。本年もどうぞよろしくお願い致します。
マザーコンシェルジュでは本年も果敢に挑戦を行ってまります。新商品やサービスの開発に今以上に力を入れてまいります。また全国のパートナー様と共に「ICT見守りネットワーク」の促進に努めてまいります。経営基盤を安定させながら「身の丈」にあった地域サービスを末永く行って参ります。今後ともご支援・ご鞭撻の程お願い申し上げます。

  さて余談ですが、本年は戦後70年の年となります。時代には合わない硬直化した古い制度やシステムが大きく変わる事もあるでしょう。逆に変わらないものも出てくるでしょう。「変わるもの変わらないもの」その評価はそれぞれです。大切なことは、私たち個々がそれを選択する権利と義務を持つていることです。つまり意思決定を行う自己の高い判断能力が求められていきます。「日々、自己を磨き精進せよ」ということなのでしょう。謙虚に周りに耳を傾けながら、常に学ぶ姿勢を大切にしていきたいものです。


posted by マザー at 11:24| Comment(0) | 日記